生活していく上で不要になったものを買取りしてもらう

子供のサイズアウトした洋服を買い取ってもらいましたが金額ではなくて、捨てないで良かった

初めての子供の時に、嬉しくて子供が女の子という事もあって洋服を大量に購入してしまった経験があります。
そして両親も初孫でしかも女の子という事で、可愛いからち毎回のように出かけるたびに洋服を買ってくれていました。

 

嬉しかったし楽しかったんですが、現実は、子供は本当にすぐに大きくなってしまいます。
しかも産まれてすぐは間違いなく、来年も着れる様な服はありません。そうなった時は新しい物を購入して行く、そして着れない服がどんどん溜まっていくような悪循環が待っていました。

 

まだ綺麗だしと思って残しておいて、次に産まれて来た子は、男の子でした。
もう駄目だと思って子供服を買い取ってくれるお店を探して持って行きました。確かに値段的には高くは買い取ってはくれませんでしたが、それでも家にこのまま置いておいても正直一番困るのが置き場。

 

それなら安くても買い取ってもらって、誰かがまた着てくれるならその方が良いと思いました。
ブランド物でほとんど着ていない物も何着かあったので、そちらは高い値段で買い取ってもらいました。

 

嬉しかったのと、今後は気をつけようと反省しましたが、その後も懲りずに何回か買い取ってもらいました。子供が大きくなるまではまだお世話になると思います。

引っ越しの時に、不要になった本やゲーム等をBOOK・OFFで売りました。

念願のマイホームを手に入れた我が家は、引っ越しの作業に取りかかりました。
良い機会だからと、長年集めていた漫画本でもう読まないものや、使用しなくなったゲームなどを整理する意味も込めて売ることにしました。

 

漫画本や読み終わった小説や使わなくなった図鑑や小さい頃の絵本などを合わせると、軽く200冊は超えていたと思います。
ゲームは、当時の最新のゲーム機を残して全て売りに出してしまいました。今思えば、スーパーファミコンなどは残しておけば良かったのですが、当時はもうしないと思ってしまったのでしょう。

 

これだけ数があるのだから、結構な金額になるのかと期待しながら近所のBOOK・OFFに向かいました。カウンターに売るものを持っていくと、査定に時間がかかるので待つように言われました。

 

番号札をもらい、店内で立ち読みをしながら呼ばれるのを待ちました。
期待に胸膨らませて待っていると、アナウンスで呼ばれ、カウンターに向かいました。本は値段値段ごとに分けられて置いてあり、それぞれの値段やその値段にした理由を説明されました。

 

残念ながら値段が付けられないと言われたものもありました。
汚れや破れがあるものは無料で引き取ることはできるけれど、お金は払えないので、お持ち帰りするかどうするか聞かれました。

 

引っ越しもあったので引き取ってもらいましたが、もっと大切に保管しておけば良かったと後悔しました。
ゲーム機は全て売れたのですが、全て合わせて5000円くらいでした。漫画本は一冊10円くらいだったのですが、図鑑が数百円と思ったよりも良い値段で売れました。

 

今後は、何でも大切に保管し、もし売るとなったら出来るだけ良い状態で売れるようにしたいと思いました。
ゲーム等は、私たちはそのまま売ったのですが、箱や保証書が揃っているともっと高く売れたと言われたので、捨ててしまわない方が良いと思います。